現在、遠方に住んでいるためお墓参りをすることが難しいや実際お墓を守り受け継ぐ人がいなくなったため、お墓を撤去して寺院や霊園に未来永劫にわたり供養してもらう永代供養が増えています。
少子高齢化の流れの中で子や孫に自分の亡くなった後迷惑をかけたくないと考える高齢者も多く、またお墓が荒れ果ててしまった例がマスコミ等で多く取り上げられるようになりこの永代供養を選択しようと生前の間に申し込みをする人もいます。

お墓を撤去して「永代供養」にすることでおさえられるメリット!

お墓を撤去して「永代供養」にすることでおさえられるメリット! 永代供養は、一般的には他の人と一緒の墓あるいは同じ納骨室に安置されることから、合同墓または集合墓とも呼ばれています。
そのため、新しくお墓をたてる場合と違い場所を探す必要がないや費用の面でも安くすむのが特徴です。
また一般的な霊園にあるような年間の管理費が不要であることが多く先々の費用の面でも安心です。
まず、現在お墓がある人はお墓を撤去することから始めなければなりませんが、この点も永代供養を専門的に扱う会社もあることからそこへ相談した上で、永代供養にすることが可能となっています。
このように、永代供養は少子高齢化の流れの中で無縁仏になることを防ぐことができるや費用の面でも安くすむなど様々な利点があるため今後益々増えていくことでしょう。

永代供養で供養する対象とは?遺骨?魂?

永代供養で供養する対象とは?遺骨?魂? 永代供養は、寺院などの管理者が供養や管理の面倒を見てくれるものです。
お墓の承継者がいなくなると無縁仏となってしまいますし、承継者がいる場合であっても家族の負担とはしたくないと考える方もいます。
そういったことを気にする方に、永代供養が選ばれています。
これなら、法要や供養、管理などをすべて代行してもらうことができますし、一度費用を支払えば追加費用が発生しないため、親族の負担は軽くなります。
供養する対象は、基本的には遺骨ですが、寺院によっては位牌を預けるなどです。
拝む対象はあらゆるもので、仏像などが対象となります。
ただし、こういったものがなかったとしても、戒名や生前名だけでも永代供養を受け付けてくれる寺院もあります。
したがって、改葬する場合や、遺骨は別のところに保管するつもりであるという方でも利用することが可能です。
もちろん、詳細なルールについては、各運営主体によって異なりますので、利用できるかどうかや利用の仕方についてはよく確認しましょう。
特に、永代とはいっても利用期間が定まっているケースも多いので、利用期限については特に注意して確認したほうが良いです。
期間を過ぎれば合祀されることになります。

永代供養関連お奨めサイト

聖観音菩薩三界万霊永代供養墓にて永代供養ができます

永代供養を大阪で頼む